レヴォーグ2.0GT-S EyeSight 値引き拡大のためのライバル車選び

レヴォーグのグレードは幾つかありますが、1.6Lと2.0Lのエンジン排気量で大きく2つに分かれます。よりパワフルな2.0Lのグレードの中で、ベーシックな装備の2.0GT-S EyeSight をライバル車と比較してみましょう。もちろん、ただ機能や性能を見るためではなく、値引きを引き出すポイントを見つけるための比較です。

2.0GT-S EyeSight に対抗できるライバル車のグレードを選ぶ

まずは、2.0GT-S EyeSight に合わせて、次の条件でライバル車のグレード・オプションを選びます。

  • 本体税込み価格 370万円前後で、維持費、値引きを含めた総コストが同じくらい
  • 4WD
  • オートクルーズ
  • 自動ブレーキ
  • ナビ
  • ETC 2.0
  • バックカメラ

以上の条件に合う2つのライバル車をピックアップしました。

  • フォルクスワーゲン(VW)ゴルフ オールトラック TSI 4MOTION Upgrade Package
  • アテンザワゴン XD L Package 4WD

これにレヴォーグ 2.0GT-S EyeSight も入れた全3車種について、この後、徹底比較していきます。

ゴルフオールトラックはゴルフヴァリアントの4WD版

徹底比較の前に、ゴルフオールトラックについて簡単にご説明いたします。

レヴォーグの競合車といえば、VW ゴルフヴァリアントですが、そのヴァリアントの4WD版がオールトラックです。本国ドイツでは Golf Variant Alltrack、つまりゴルフヴァリアントのグレードのひとつとして位置づけられています。日本では、ヴァリアントとは別の車種の扱いになっているので、少し分かりにくいかもしれません。

いずれにしても、4WDのレヴォーグと競合させるなら、間違いなく、同じ4WDのオールトラックの方がオススメです。

2.0GT-S EyeSight とライバル車の比較結果を一覧にしてみる

ライバル車と比較した結果を一覧表にまとめましたので、ひとまず見てみましょう。なお、MOPはメーカーオプション、DOP はディーラー(販売店)のそれぞれ略語です。

 

  レヴォーグ アテンザワゴン VW ゴルフオールトラック
グレード 2.0GT-S EyeSight XD L Package
4WD
TSI 4MOTION
Upgrade Package
本体価格(税込み) 3,564,000 円 4,001,400 円 3,670,000 円
エコカー減税 取得税 対象外 100%免税
100,000→0円
対象外
エコカー減税 重量税 対象外 100%減税
30000円→0円
対象外
グリーン化特例
翌年自動車税
対象外 概ね50%減税
33500→11500円
対象外
クリーンディーゼル補助金 対象外 52,000円 対象外
       
駆動方式 4WD 4WD 4WD
排気量[cc] 1599 2188 1798
過給方式 ターボ ターボ ターボ
トランスミッション CVT 6AT 7AT
       
全長[mm] 4690 4805 4585
全幅[mm] 1780 1840 1800
全高[mm] 1490 1480 1510
ホイールベース[mm] 2650 2750 2635
最低地上高[mm] 135 160 165
       
室内長[mm] 2005 1930 公表データなし
室内幅[mm] 1490 1550 公表データなし
室内高[mm] 1205 1550 公表データなし
       
車両重量[kg] 1560 1460 1240
乗車定員[人] 5 5 5
       
最小回転半径[m] 5.5 5.5 5.2
       
標準タイヤ 225/45R18 225/45R19 205/55R17
       
最高出力[PS/rpm] 300 / 5600 175 / 4,500 180 / 4500-6200
最大トルク[kg・m/rpm] 40.8 / 2000-4800 42.8 / 2,000 28.6 / 1350-4500
燃料タンク容量[L] 60 52 55
使用燃料 プレミアムガソリン 軽油 プレミアムガソリン
燃費JC08[L/km] 13.2 18.2 14.9
       
自動ブレーキ方式 複眼カメラ カメラ+赤外線レーザー+ミリ波レーダー カメラ+ミリ波レーダー
レーンキーピング 警報&アシスト 警報&アシスト 警報&アシスト
SRSサイドエアバックシステム 標準 標準 標準
踏み間違防止アシスト AT誤発進抑制 標準 前後方 なし
ヘッドランプ ハロゲン LED バイキセノン
       
荷室(定員乗車時) 522L+サブトランク33L 506L 605L
荷室(最大) 公表データなし 1,648L 1,620L
       
レザーシート MOP (50,400円 or 14,400円のパッケージ組合せに含まれる) 標準 MOP 291,600円
本革ステアリングホイール 標準 標準 標準
       
ナビ DOP 7機種から選択可能
楽ナビ 166,320円 など
DOP 48,600円
※SDカードPlus
MOP 183,600円
ETC 2.0 車載器 DOP 34,560円(カロッツエリアナビ対応) DOP 54,093円 MOPナビに含まれる
地デジ+DVD/CD DOPナビに含まれる 27,000円 MOPナビに含まれる
バックモニター DOP 34,560円 標準 標準
ステアリングリモコン DOP 14,580円 標準 標準
       

ここから値引きに効果がありそうな比較項目をピックアップして、詳しくみていきましょう。

パワフルな4WDなのにレヴォーグは悪路に弱い?

レヴォーグと言えば4WDで雪道や悪路をグイグイと力強く走るイメージです。ただし、4WDであれば十分というわけではありません。地面からどれだけの高さ(最低地上高)があるかも、デコボコした悪路の走破には非常に重要なのです。

レヴォーグ 2.0GT-S EyeSightの最低地上高は135mm、一方ライバル車のアテンザワゴンやゴルフオールトラックはそれぞれ160mm、165mmと3cmほど高いです。雪道には段差やくぼみが多いですが、そのあたりも十分配慮された設計になっています。なお、ゴルフオールトラックではなく、FF版のゴルフヴァリアントは140mmですが、それでもレヴォーグより5mm高いです。

また、ゴルフオールトラックには、「オフロードモード」に切り替えることができます。このモードでは、ABSの調整、下り坂でのブレーキ制御、アクセルペダルの特性などが、雪道や悪路に合わせてプログラム変更されます。

自動ブレーキシステムはアイサイトが先を行っている

レヴォーグのアイサイトはステレオカメラ検出方式で、歩行者や自転車を検出できるのが強みです。アテンザはカメラ+赤外線レーザー+ミリ波レーダーの複合方式ですが、2016年8月のマイナーチェンジで対人検出できるようになりました。ゴルフヴァリアントはカメラ+ミリ波レーダーで対人検出はできません。。カメラは暗がり、悪天候、逆光に弱いと言われていましたが、アイ サイトVer.3ではかなり改善されています。

オートクルーズコントロール(ACC)については、レヴォーグとゴルフヴァリアントは全車速対応。低速でも動作するので、渋滞時にかなり重宝します。一方、アテンザのACCは対応速度に範囲があり、時速30km/h~100km/hでしか稼働しません。

レーンキーピング(車線逸脱防止)は、3車種ともに警報の他に、ステアリングのアシスト機能がついています。

アクセル・ブレーキの踏み間違い対策として、誤発進防止機能がレヴォーグとアテンザには装備されていますが、ゴルフにはありません。このクラス(XD L Package)のアテンザは、バック方向の誤発進防止も標準で装備されています。

以上の観点から自動ブレーキシステムをトータルで見ると、レヴォーグのアイサイトがライバル車より一歩先を行っています。スバルディーラーが強気に出る材料になりそうですが、これも使いようです。レヴォーグの方が優れているところは、ライバル2車を揺さぶる材料に使い、そこで出た良い条件をレヴォーグの交渉に戻す作戦が有効です。

ステーションワゴンなのでたくさん積みたい

ライバル3車種の中で、荷室が一番広いのはゴルフオールトラックで、600Lを超えています。レヴォーグはサブトランク33L(床を開いて使う)を合わせて約550L。アテンザワゴンは500Lそこそこです。

ちなみにプリウスの2WDの荷室容量は502L。幅が狭く、高さで稼いではいますが、セダンでもこのくらいは積めるのです。ステーションワゴンなら、これを余裕で上回る荷室スペースが欲しいところです。アテンザワゴンはプリウスとほぼ同じ荷室容量で、この点では少しもの足りないですね。

ナビを自由に選べるレヴォーグは社外品と競合が前提?

それぞれの純正ナビシステムについて比較表にまとめます。(レヴォーグの純正ナビとして、6モデルの中からカロッツエリアの楽ナビを選んでいます。)

車種・グレード レヴォーグ 2.0GT-S EyeSightt アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
ナビ本体 DOP 166,320円 DOP 48,600円(SDカードPlus) MOP 183,600円
ナビ連動 ETC 2.0
DOP 34,560円 DOP 54,093円 MOPナビに含まれる
地デジ+DVD/CD DOPナビに含まれる 27,000円 MOPナビに含まれる
バックモニター DOP 34,560円 標準 標準
ステアリングリモコン DOP 14,580円 標準 標準
合計金額 250,020円 129,693円 183,600円
社外品ナビ取付可否 ×(車両システムと一体化) △(オンダッシュナビ or ナビ男くん取付キット)
備考 上記はDOPのカロッツエリア楽ナビを選択した場合のもの ナビのハードは標準搭載済み。SDカードPlus(ソフト)を追加すればナビとして動作する  

レヴォーグは純正(ディーラーオプション; DOP)だけでなく、社外品からも自由にナビを選べます。純正ナビ6モデルのうちスバル専用に開発されたのは1つだけで、残りは一般に市販されているのと同等品です。ですので、外販品を安く購入したり、それと同等のDOPナビを競合させて値引きさせたりすることが可能です。

アテンザのナビシステムは、車のシステム全体の一部として機能しているので、メーカーオプション以外のナビは事実上選べないようになっています。ただその分だけ安上がりで、専用のSDカード(46,800円)を差し込めば、ナビとして動きだします。ナビのハードウェアは標準装備されているけど、そのままでは動かず、オプションのソフトウェアを購入して動かすという仕組みになっているわけです。

ゴルフヴァリアントの純正ナビは、メーカーオプション(DOP)のdiscover PRO だけです。discover PROは、 8インチの大画面で、ETC 2.0やバックモニターもついて18万円台と、純正品にしてはお手頃な価格です。

なお、現行世代のVWゴルフシリーズは、社外品ナビの取り付けが難しい造りになっています。ナビ男くんの取付キットを使えばDOPナビと同じ位置に社外品を組み込めますが、それだけで 64,800円もかかるため、二の足を踏んでしまうかもしれません。ダッシュボードの上にのせるタイプのナビなら安くかつ自由につけられますが、場所を取りますし、オーディオやETCとの連携が切れてしまいます。

購入時にかかる費用総額ではアテンザワゴンは高すぎ?

それでは以上をまとめて、購入時にいくらかかるのか比べてみましょう。

車種・グレード レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
車両本体 3,564,000 4,001,400 3,670,000
ナビ 166,320 48,600 183,600
ETC 2.0 34,560 54,093 0
地デジ+DVD/CD 0 27,000 0
バックモニター 34,560 0 0
ステアリングリモコン 14,580 0 0
登録諸費用(参考) 45,740 69,100 63,000
取得税 89,100 0 91,700
重量税 30,000 0 49,200
自動車税(半年分で計算) 19,750 16,750 19,750
自賠責 40,040 40,040 40,040
リサイクル料金 13,990 12,440 16,110
合計 ¥3,978,860 ¥4,200,193 ¥4,057,500
レヴォーグとの差額 +¥221,333 +¥78,640

アテンザワゴンXD L Package 4WDは、車両本体価格ではレヴォーグ2.0GT-S EyeSightより50万円近く高いですが、エコカー減税とナビの安さが効いて、トータルでは22万円程度まで差が縮まります。それでもまだ高いですが、グレードを間違って選んだわけではありません。後ほど、購入後のコストも含めて総合的に比較します。

ゴルフオールトラックTSI 4MOTION Upgrade Packageは、レヴォーグ2.0GT-S EyeSight と本体価格は10万ほど高いですが、これもナビが安くて合計額では差が8万円程度まで縮まります。

なお、以上は値引き前の価格です。また、フロアマットなどの用品は含まれていません。。

購入後のコストはアテンザワゴンXDが圧倒的に低い

続いて、5年で5万キロ乗るという条件で、購入後にかかる費用を比較してみます。

長く乗るほど年間の自動車税額が効いてくる

まず自動車税ですが、さきほど購入費用の計算で半年分を計上済みですので、残り4年半分を合計しました。

車種・グレード レヴォーグ
2.0GT-S EyeSight
アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
年間 39,500 33,500 39,500
グリーン税制減税(取得翌年)   -22,000  
4年半分 ¥177,750 ¥128,750 ¥177,750
レヴォーグ基準 -¥49,000 ¥0

アテンザだけエコカー減税が効いて、取得翌年度の自動車税が22,000円減額されます。それだけなく、毎年の自動車税額がライバル車より6千円安く、長く乗れば乗るほど効いてきます。

スバル車に乗るなら燃費は気にしない?!

次は5万キロ分の燃費を計算してみます。軽油はリッター単価98円、プレミアム(ハイオク)ガソリンはリッッター単価124円で算出しました。

車種・グレード レヴォーグ
2.0GT-S EyeSight
アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
燃費JC08[L/km] 13.2 18.2 14.9
消費量換算[L] 3,788 2,747 3,356
使用燃料 プレミアムガソリン 軽油 プレミアムガソリン
燃料単価[円/L] 124 89 124
50000km分燃料費[円] ¥469,697 ¥244,505 ¥416,107
レヴォーグとの差額 ¥0 -¥225,191 -¥53,590

アテンザXDはリッターあたりの燃費(距離)が良いのに加えて、価格の安い軽油を燃料に使えるため、燃料費はライバルを圧倒しています。これも乗れば乗るほどお得になる仕組みです。

一方、レヴォーグ2.0GT-S は、リッターあたりの距離が伸びず、ハイオク仕様ということもあって、燃費は結構な額になります。排気量が大きいこともあるのでしょうが、同じ4WD、ハイオク仕様のゴルフオールトラックにも負けています。

スバル車を選ぶなら燃費は気にしない(=燃費が気になるならスバルは買わない)と言われますが、どこまで許容できるかですね。

アテンザXDにはクリーンディーゼル補助金も出る

実は、アテンザワゴンにはクリーンディーゼル補助金が最大で5万円ほどもらえます。いろいろと条件があって、早めに手放すと難しいですが、5年乗るなら満額支給も可能です。

この補助金も含めて購入後のコストを比較してみると、レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight よりもアテンザが30万円以上も安くなるのが分かりました。この差は大きいです。

車種・グレード レヴォーグ
2.0GT-S EyeSight
アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
自動車税(4年半分) ¥177,750 ¥128,750 ¥177,750
50000km分燃料費 ¥469,697 ¥244,505 ¥416,107
クリーンディーゼル補助金 -¥52,000
購入後の費用総額 ¥647,447 ¥321,255 ¥593,857
レヴォーグとの差額 -¥326,192 -¥53,590

購入費用(値引き前)と購入後の費用の合計は?

それでは、値引き前の購入時費用と、購入後の費用を合計して、比較してみましょう。

車種・グレード レヴォーグ
2.0GT-S EyeSight
アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
購入時の費用(値引きなし、自動車税は半年分) ¥3,978,860 ¥4,200,193 ¥4,057,500
自動車税(4年半分) ¥177,750 ¥128,750 ¥177,750
50000km分燃料費 ¥469,697 ¥244,505 ¥416,107
クリーンディーゼル補助金 -¥52,000
総額 ¥4,626,307 ¥4,521,448 ¥4,651,357
レヴォーグとの差額 -¥104,858 -¥25,050

本体価格では、レヴォーグ2.0GT-S EyeSight より50万円近くアテンザワゴンXDの方が高いのですが、エコカー減税、補助金、維持費が効いて、トータルでは逆に10万円以上安くなる計算になりました。

また、ゴルフオールトラックも、本体価格はレヴォーグ2.0GT-S EyeSightより10万円以上高いのですが、5年乗ると2万円ほど安く収まることになります。

値引きを考慮すると比較結果はどうなる?

話が複雑にならないように、ここまでは値引きなしの条件で比較してきましたが、いよいよ値引きも合わせて比較してみます。それぞれの車種の目標値引き額を適用しました。

車種・グレード レヴォーグ
2.0GT-S EyeSight
アテンザワゴン
XD L Package 4WD
VW ゴルフオールトラック
TSI 4MOTION Upgrade Package
値引き前の購入費用+購入後
費用(5年、5万km)の総額
¥3,599,015 ¥3,615,103 ¥3,749,188
車両本体目標値引き -250,000 -220,000 -400,000
オプション目標値引き -100,000 0 0
合計 ¥4,276,307 ¥4,301,448 ¥4,251,357
レヴォーグとの差額 +¥25,141 -¥24,950

なんと、3車種ともほぼ同じくらいになりましたね。後は、この目標(以上の)値引きを実現するために、どう交渉していくかです。

なお、レヴォーグだけオプション値引きを入れていますが、これは純正のナビが高めの価格設定になっているためです。純正の値引きがこの通りにならなくても、同等の社外品を安く購入することができます。アテンザとゴルフは、大きなオプションをつけていない条件なので、厳しめに読んでいます。

まとめ:ライバル車との違いを値引きにどう活かすか?

本命車の値引きを上積みさせるためにライバル車を使う基本は、ライバル車の方が気に入っている点をあげて、商談で相談することです。あなたの乗り方に関連させると、よりいっそう効果的です。逆に、ライバル車の弱点はあまり気にしてないと伝えておくのが良いですね。たとえば、

  • 燃費はあまり気にしていなかったけど、ここまで差が出るとアテンザも捨てがたい。
  • レヴォーグの2Lエンジンは確かにパワフルだけど、低速ならアテンザのトルクの太さも負けてない。正直、迷ってます。
  • 冬はスキーによく行くので、車高はもう少しあった方が良いかも。それとゴルフのオフロードモードが気になるなぁ。
  • ゴルフは8インチのナビが18万円で買えるんだけど、レヴォーグの純正ナビはこれ以上安くならないの?
  • この前のマイナーチェンジで、アテンザも人を感知して自動ブレーキがかかるようになったみたい。

といった感じで、スバルのディーラーとお話しすると良いでしょう。逆に、ゴルフやアテンザの商談では、レヴォーグの良さをネタに値引きを引き出します。その条件を、今度はレヴォーグの商談に戻して値引き交渉するのです。

要は「どの車にするかは条件次第ですよ」という姿勢を崩さないことが大事です。最初から本命がミエミエですと、本命のディーラーは安心して値引きしませんし、ライバル車のディーラーはあきらめて本気で取りに来ないでしょう。

ただもしも、ライバル車への興味がまったくわかず、興味があるふりをするのも難しいということでしたら、レヴォーグ1本にしぼってもよいかもしれません。しぼると言っても、レヴォーグ同士の競合は可能です。スバルは1県に1ディーラーの地域制ですが、隣県越境やサブディーラーという手があります。

関連ページレヴォーグ同士で競合させるには隣県越境とサブディーラーを最大限活用

最終更新日: